<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

やすらぎの在り処

私は、賑やかな場所、人込みがにがてです。(人間がきらいと云う訳ではないと思いますが・・・暗かったモラトリアム時代を思い出してしまうからでしょうか?)
そんなこともあってか、静かな場所に出かけることが多くなります。
今日もお気に入りの静かな場所、池田町美術館の公園に行って来ました。
ここから望む北アルプスと安曇野の里の風景、落ち着くんですよ。
今日は絵描きさんたちと、芝生で会話を楽しむ人たちが何人かいました。
c0086188_184764.jpg

公園のすぐ下にブドウ畑があり、赤ワイン用の葡萄の葉は紅葉し白ワイン用の葡萄の
葉は黄葉しておりました。赤ワイン用の葡萄の葉だけアントシアニン成分があるんでしょうか?
c0086188_18125495.jpg

そして、もう一箇所やすらぎを見つけました(本当は知人のI籐さんから聞いていたんだけど)。パスタ、コーヒー、ケーキどれも美味しかったです。とてもやすらげる空間で
した。私たちの店も、来てくれた人が安らいだ気持ちになれる空間にできるよう努力しないと。I籐さん夫妻に感謝。。そこに置いてあった詩集「すろう」がまた良かった(これについては、また後日)あっ、そこは”安曇野文庫”というカフェです。
c0086188_18363215.jpg

[PR]
by kocherumetaro | 2006-10-30 18:39 | 安曇野の話

「ぼくは、土にカエルのに・・・」

某公園のゴミの中で冬眠準備中の蛙をみつけた。
公園で散歩をするとゴミの多さに悲しくなることがたびたびあります。
公園ばかりでなく、道端、神社、あらゆるところに無造作に捨てられたゴミ。
中には、食べかけのコンビニ弁当が捨てられている事も。
(自販機のジュースを供給をしている方も、「分別されてないごみがしょっちゅう置いてあって困る」と嘆いておりました)
私の仕事場の前にも、毎日のようにゴミが捨てられています。
以前はそのゴミを拾う事はしませんでした。
しかし、ある日の新聞記事で、毎日近所のゴミ拾いをしている子供たちがいることを
しり、「傍観していることはゴミを捨てている事と同じ」と気が付きました。
 
冒険家の野口建さんが「山に残されたゴミのほとんどがアジアの国の物で、すごく恥ずかしかった」と言っていた。美しいものにすごく敏感である反面美しくないものには鈍感なのかなー。

今日のボヤキでした。

チョコレート色のゴミに保護色の蛙、「早く土にかえんなさい」
c0086188_16511369.jpg

[PR]
by kocherumetaro | 2006-10-30 16:53

くま・・・ と遭遇

いつもおなじみの”ちひろ美術館”での散歩。ここで、蜘蛛の巣をみているひげのおじさんを発見。なにをみておるのかと私も隣に並んでみてみる。おじさんは、蜘蛛の糸に松の葉を投げた、すると蜘蛛が”すす‐”と寄って来て松の葉を地面に捨てた。「獲物以外は、全部すてるんだよ」おじさんはそう言っていつまでも眺めていた。
c0086188_19402688.jpg


今年は山に木の実がない為、里に熊が出没している。そして、散歩中くま・・・に
いや、くまんばち に遭遇した。蜜を集めているズングリとした姿が熊のようで微笑ましかった。。
c0086188_1951352.jpg


きょう「NBS 月曜スペシャル」で荻原碌山の足跡をたどる番組をみた。碌山とその周りでかかわっていた人たちの事を、もっとしりたくなった。そして、なつかしい顔に遇えることが出来た、フォークシンガーの”三浦 久”さんだ。実家のご近所さんだったがなかなか顔をあわせることがなかった。碌山さんの詩を歌ってたんですね。
「久さん元気そうですねー、また歌聴きに行きます」。
[PR]
by kocherumetaro | 2006-10-23 20:14 | 安曇野の話

その土地で産まれたもの

師匠と友人が店をたずねてきてくれた。ひさしぶりの再会で、話に花が咲いた。
ふたりとも元気そうでなによりだった。なぜか、わたしの知り合いには長野県以外の出身の人が多い、安曇野に来てから知り合った人たちの中にも何人かいる。H吉さんは鳥取県出身の自転車競技からスノーボードまでこなす文系的スポーツマンです。今日、彼から土産をいただいた。「山いもかまぼこ」、鳥取名産と書いてあった。ねりものの「むにゅ」と山芋の「さく。ねば」感が絶妙な二重奏。しばし旅気分を楽しむ事が出来たことに感謝。。
c0086188_22204459.jpg

今度、ちゃりんこ見せてね。
[PR]
by kocherumetaro | 2006-10-21 22:22

軟弱登山隊、秋山を行く。 その3

夜の空は、満天の星でした。里の灯りもきれいに見えました。
それから、いびきの合唱を聞きながら眠りにつくのでした。

アサー!!風の音で目が覚めました。外はすごく寒そう。
御来光の時間は5時50分、みなさん寒い中、まだかまだかと待っています。
暫くすると東の空がチリチリと焼けてきました。静かに秋の一日が始まります。
c0086188_20354224.jpg

c0086188_20382985.jpg


帰りの道中、霜柱を見つけました。所ジョージさんの「し~もばし~らー、し~もばし~ら
ゆ~のみ~の中には 茶柱」というフレーズが頭の中でリフレインしています。
c0086188_20471254.jpg


これまた道中で見つけました。。ブルーベリー?これが「はぜのみ???」ってやつか?アントシアニンたっぷりでしたー。
c0086188_2051344.jpg


中房温泉の紅葉の中、有明荘の温泉で疲れを癒し帰路につきました。

運動不足を痛感した山登りは、無事完了。

軟弱登山隊に明日はあるのか・・・んが・・んん。
[PR]
by kocherumetaro | 2006-10-18 21:03

軟弱登山隊、秋山を行く その2

燕山荘は数ある山小屋の中でもとても快適な小屋です。トイレは水洗。寝具は寝袋方式で、軽くて温かいものです。畦地 梅太郎さんの版画がいたるところに飾ってあり、
さながらギャラリーのようです。
c0086188_21173229.jpg

c0086188_21351736.jpg



テラスで雷鳥が出てくるのを待っていたのですが、残念ながら現れません。
あきらめて、喫茶室にてコーヒーを飲みながら「星野道夫さん」の本をよみました。

そうして、秋の1日が暮れていきます。
c0086188_2130288.jpg


またまた、つづく。
[PR]
by kocherumetaro | 2006-10-17 21:37

軟弱登山隊、秋山をいく その1

毎年恒例の燕岳登山に行きました。頂上付近の紅葉がこの間の吹雪で終わってしまったこともあってか、登山口の人もまばらでした。第1ベンチ~第3ベンチまで順調に高度をかせぎ富士見ベンチに到着。富士山と甲斐駒を望みながら、しばしの休憩です
c0086188_195376.jpg

(富士山は世界遺産に選ばれないんだよねー、富士山だけの問題ではないけど)

「合戦小屋まであと3分」の所で「うそ」が「ひゅー、ひゅー」とおでむかえ。合戦小屋では、新メニューの「カレーうどん」がありました。気になるなー。
ここから燕山荘までは約1時間の道のりです。いつもならあまりばてないこのコース
ですが、今回はドーンときました。思った以上の体力低下、心肺機能の低下。いやー、
ショックでした。やっとのおもいで山小屋に到着、そこには生ビールが待っていました。
c0086188_1936634.jpg


小屋からは、パノラマの絶景をしばし楽しみ、気になっていた「カレーうどん」でお腹を満たします。白馬三山も綺麗に見ることができました。
c0086188_19423716.jpg


いつも眺めている有明山の反対側や安曇野の平は、新鮮に映り、どんなものにも表と
裏があるものだと思ったりしたのでした。
c0086188_19513580.jpg


つづく。。。
[PR]
by kocherumetaro | 2006-10-16 20:07

*natural*momo* 新作 秋

*natural*momo*の新作が秋色になりました。

またまた、素敵な作品ばかりです。

*natural*momo*さんのファンの方も、初めての方も

みなさん。。見に来てくださいねー。

c0086188_19514799.jpg


他の新作もまだまだあります。こちらへどうぞ*natural*momo*..。
[PR]
by kocherumetaro | 2006-10-11 19:56

はな と ぴのきお

鼻のある茄子とはなです。
c0086188_20194373.jpg


車中でひなたぼっこ。「まだかなー」
c0086188_20181341.jpg


「それ、ちょーだい」
c0086188_2038427.jpg

[PR]
by kocherumetaro | 2006-10-10 20:21

山麓線を北上せよ

今日は定休日です、とはいっても午後からは買出し&仕込みがあるので行動は早朝か

らとなります。実家は南信なのですが、我家は北へ北へと向かう習性があるようです。

まずは「ちひろ美術館」で犬の散歩です。発達した低気圧の影響で北アルプスが荒れ、

常念岳も平年より15日早い初冠雪でしたが、公園から望める鹿島槍ヶ岳も雪化粧。

c0086188_18303372.jpg


我家の「はな」はこの公園がお気に入りで、端から端まで歩覇します。

北の端には「黒姫山荘」なるものがあって、私はこの建物が理想の家です。

c0086188_1851589.jpg


次に訪れたのは、大町市の「薬師の湯」。内湯の湯煙かげんと野趣少し溢れる露天風

呂が良い温泉。なんとこの温泉の周りには、今では見つけることも困難になった公衆

電話が3基もあります。。なぜ?(半径10メートル内にですよ)

隣のヘンリーミラー美術館(現在は閉鎖)の庭にはかしわ、こぶしなど広葉樹のどんぐり

がたくさん落ちてました。今年の山は木の実が少ないと聞いたが、ここは豊作だなー。

c0086188_2034790.jpg
c0086188_2051626.jpg
c0086188_2074850.jpg

[PR]
by kocherumetaro | 2006-10-09 20:15 | 安曇野の話


伊那谷の小さなパン屋「ハルハナ堂」オープン!


by Kocherumetaro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入りブログ

安曇野 ひつじ屋 レンタ...
zarlo
日々是好日
止まるとこける百姓日記
七ヶ月たより
社長の小部屋
ショージの日記
A&Y TRUST 09...
ツナ日記-Toshi's...
たろう屋便り
湘南プライベート・ビジネ...
言葉の錬金術 ~風と光に...
安曇野ぱん屋こっふぇる梅...
CAMBIO BLOG
あるがまま♪・・が好き。...
安曇野ナチュラル・スローライフ
アトリエ宇‐sora‐の...
ホンムネくんニュース(古...
つながる*noyama
Cafe 心此処  ca...

「こっふぇる梅太郎」

以前の記事

2014年 01月
2013年 07月
2013年 05月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月

ライフログ


とんぼの本 星野道夫と見た風景


ナヌークの贈りもの


二十一世紀に生きる君たちへ


自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか


レター・フロム・ホーム


長い旅の途上


LOVE


ミズーリの空高く


ウインズ・オブ・マイ・ハート

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧